大阪
住吉の御田−大阪市住吉区−
 大阪に住吉大社がある。古来海運業者の崇敬を集めている。高灯篭を目印に、住吉浦に上陸した人々は、延々続く参道を行き、陽が落ちてますます喧騒さを増す常夜燈の放列に、商都・大阪の繁栄を実感したに違いない。干鰯仲間、北l国積木綿屋中、阿州藍玉大阪積・・・等々、献灯に名を刻んだ神社講中は、その巨大な燈籠そのままに日本の経済をほしいままにした巨商たちだった。備前岡山有志から陶製の狛犬の大物が奉納されている。慶応年間のもので四国の金比羅宮の狛犬とどっこいどっこいの大きさ。無論備前焼きであろう。
 例年、6月14日は住吉大社で御田祭(御田植神事)が行われる。御田植祭を関西では一般に、おんだ祭と言っている。五穀豊穣を予祝(祈念)する祭である。住吉大社のそれは、2反余の御田で飾牛(農耕牛)のまぐわかきと、神田に設けられた仮設の舞台で八乙女らが舞を奉納し、賛植女らによる田植が行われる。特色の一つは八乙女の田舞であろう。他所と異なり当社では八乙女の本態は巫女であると説いている。日本書紀に天智天皇10(671)年5月、「天皇、西小殿に御す。皇太子、群臣宴に侍る。是に、再び田舞を奏る。」とある。書紀は田舞の起源を大陸に求めていないから、住吉大社の創建が神話時代に遡るという来歴と重ねると、田舞の手振りと歌はひょっとして稲作にまつわる古代神事として7世紀あるいはそれ以前から住吉社で伝承されてきた可能性もある。もっとも、田楽との連想から、平安時代ころ完成されたものにせよ、その原形は相当古い時代から奏られてきたのではないか。植女は昔、新町廓の女性が奉仕したというが、今日、植女は芸妓の装束で行列に加わるが、田植作業は替植女によって行われる。
 賛植女による田植が続く間、田の周りのあぜ道などで、順次、神田代舞、風流武者行列、棒打合戦、田植踊、住吉踊が奉納された。まつりが終わる頃、田面にはツバメが飛び交い、かすかに田の草が浮き始めた。来月早々には、大阪市中の各社で夏祭りがはじまり、住吉大社の南祭でフィナーレとなる。−平成20年6月14日−