滋賀
大津祭−大津市−
 例年、10月10、11日は大津祭。大津市四宮町に鎮座の天孫神社の祭りである。四宮祭ともいわれるこの祭りは、長浜市八幡神社の長浜曳山祭とともに近江路の春、秋を告げる祭りである。山車は、本宮の日、朝9時半ころから午後の5時半ころまで大津市内の所定のコースを巡行する。山車は総数13基。山車の車は三輪、屋根の形は切妻、入母屋、唐破風と様々。巡行順はくじ引きで決まるという。ただし、鍛冶屋町の西行桜狸山は不動の一番山車。大津祭の発祥にまつわる同町の塩売治兵衛の功績により、「くじとらず」と通称され、例年、山車の先頭につく。
 大津祭の最大の呼び物は、山車に備え付けの人形からくりである。出し物は、山車によってみな異なる。なかなか凝ったからくりもあって見飽きない。巡行コースの民家の軒下などにその両端を赤く染めたご幣を掲げるところで人形からくりが実演される。昔は10月1日から10日まで、田楽など小屋がけができ、祭りは近在からの見物客で賑わったという。今は、2日間の祭りであるが、観客動員数は一向に衰えない。通りは立錐の余地もないほどの盛り上がりがある。−平成21年10月11日− 

参考: 八阪神社の枕太鼓(大阪) 杭全神社の夏祭り 木津の布団太鼓 生国魂神社の枕太鼓 天神祭の催太鼓 秋祭り(藤井寺) 小豆島の秋祭り 牟礼のチョーサ(香川) 枚方のふとん太鼓 科長神社の夏祭り 岸和田のだんじり祭り 龍田大社の秋祭り 南祭 祇園祭 七ツ鹿踊り  南予の秋祭り 保内の四ツ太鼓 和霊神社の夏祭り 安芸のはやし田