京都
丹波逍遥
綾部市栗町上村の前方後円墳、栗村井関など
 京都府の北部に綾部(市)というまちがある。人口3万人余。まちの表記は律令制下、漢氏の部民が住まいした「漢部郷」に由来する。藩政期にその呼称を「漢部」から「綾部」に変え、今の綾部市に引き継がれている。
 綾部市は由良川の中流域にあって、まちの中央部を由良川が貫流する。米の単作地帯であるが湿潤な気候が生糸の生産に適し、養蚕農家が多く、蚕都として綾部の名は全国にきこえ、盛期には人口5万人を越えた。
 夏の「みなつきさん(水無月祭)」、秋の「菊人形」(綾部菊人形)のころ、綾部大橋は身動きがとれないほどの人出で賑わい、子供の歓声に包まれる勢いのあるまちだった。
 しかし、昭和20年代後半、ナイロンの発明によって生糸需要が激減。蚕業は壊滅的打撃を受けまちは衰退の一途をたどり、若者が去り、人口はしぼみ今に至っている。
 由良川の緩い流れは灌漑に適し、堰を設け長大な井路(用水路)を開鑿すると広大な耕地がうまれる(弥生文化の上陸地九州における灌漑施設参照)。沃土はしばしばおこる洪水が運んでくれる。稲作や桑、綿の栽培面積は大いに増えたことだろう。丹波のうましところにたどりつかない者がいないはずはない。

 由良川流域の稲作は、弥生遺跡の知見から、小規模の堰を設け、杭を打ち、木を重ねて用排水路を設け細々と営まれたことだろう。
 5世紀ころになると由良川本支流域で規模の大きな円墳や方墳、前方後円墳が出現する。古墳の築造に要する労働力や鉄製武具、三角縁神獣鏡など墳墓に埋納された副葬品から推し、古墳時代になると弥生の火種は一層燃えさかり、農工業に一大革命がおこったと推測できる。
 そのころ綾部においては私市円山古墳や聖塚など府下最大級の円墳方墳が築造され、6~7世紀ころには以久田野を埋め尽くすほどの群集墳が営々と築かれた。その富の根源は稲作や養蚕。以久田野の通称城山から見下ろす眼下の農地に一体、誰がどのような農業技術を施し革命を担ったのか、興味が尽きることはない。由良川の本支流を歩いてみよう。


 綾部市に「栗町上村(ウエムラ)」(以下、「上村」と略す。)という集落がある。そこは栗村(必要に応じ「クリムラ」と標記する。)という古代の栗村郷の東端に位置する。今は戸数100戸に満たない純農村。工場、店舗はなく、専業農家は2、3戸。ほとんどが兼業農家である。鎮守の大川神社は古くは「佐陀神社大川大明神」と呼
大川神社
ばれ、もとは佐陀神社。延喜式にしるされた佐陀神社であるらしい。祭神は、阿智使主(神名帳考証)、佐太大神(特選神名牒)、大山祇命(明細帳)と諸説ある。阿智使主、佐太大神(佐太氏族の祖神)はともに渡来人倭漢氏の祖神。
 丹波の豪族、丹波氏も倭漢直を祖とする渡来氏族とされ、綾部にも漢氏の足跡が少なからずある。
 延喜式内佐陀神社(後に丹後の式内社大川大明神を勧請し大川神社と通称されるようになる。)の名称につき、佐陀(サダ)と付していることから、祭神は佐太大神とみるのが自然であろう。しかし、そもそも「サダ」の名の由来はなんであるのか。「式内社の研究」を著した志賀剛氏は「サダ(佐陀)」は「狭田」で狭い田の意味と解く。社は赤谷の吐き出し口にあって田は狭く、眼下の田も広くはなかったかも知れないがどうであろうか。
 日本書紀をひくと継体天皇6年(西暦509年?)、百済の要請によって割譲した任那4県中のひとつに娑陀(サダ)がある。そのころ佐陀県の人々が出雲や丹波、北河内などに渡来したものか。出雲や北河内に‘サダ’と称する式内社や地域の地名になっているところがある。
 延喜式神名帳出雲国の条に佐太神社がみえ、出雲国風土記や三代実録によると同社の祭神は佐太大神としている。さらに続日本紀によると、佐太忌寸老が和銅3年4月、丹波守(叙任当時、従五位上)に叙され、渡来人佐太氏がいたことがわかる。また、寧楽遺文によると山背国愛宕郡出雲郷雲上里の戸口に佐太忌寸意由買の名が見え、佐太氏族が広範に住みなした状況が読みとれる。クリムラの佐陀神社(大川神社)辺りにも朝鮮半島から佐太氏族が移り住み上村に居住したものか、興味は尽きない。

前方後円墳(上村)
周縁部の南に土塁

 秋のころ、上村の山野を跋渉。大川神社の北西約100メートル、赤谷を超えた雑木林の中に古墳らしき土盛がみえる。それは前方後円墳(上段の画像)であることがわかる。全長30メートル余。古墳南側にみえる土塁は墓域を示すものか。後円部に陥没抗は横穴式石室の石を抜き取った跡。数十年前、この辺りを散策したころには半壊の石室や掘り出された巨石が数個ソマ道脇に置いてあった。今は昔、何もない古代の空間にひらひらと落ち葉が舞うばかりだ。
 由良川沿いから山を仰げば、この前方後円墳はその美しい姿態を天空に映していたことだろう。6~7世紀ころの古墳群と思われるが実に生々しく見える。前方後円墳のまわりに円墳が3基、うち1基は前方後円墳に寄り添うように置かれていて陪塚のように思われるがどうだか。
 大川神社の裏山にも径10メートル余の円墳が数基ある。すべて盗掘抗が口を開いていてなんとも凄惨な景色。古墳群の東端に前方後円墳が1基ある。約40メートル余。後円部が削り取られている。一帯の古墳の発掘調査による知見はない。このように神社の周りに群集墳が2箇所、それぞれ1基ずつ前方後円墳がある。築造はともに6~7世紀か。
 後者の古墳群の行政区画は今の「位田(それ以前の地域名不詳)」に属し「瀬戸田古墳群」という。古代の地形や行政区画は必ずしも現代のそれと一致しないが、「瀬戸田」の名称は、古墳が築かれた尾根と由良川の間に狭い田が見渡せた証かもしれない。
 佐陀神社大川大明神と祭神との係わり及び由良川や古墳群、とりわけ前方後円墳との位置的関係など総合して6、7世紀の上村は今の下位田を含め佐太氏が開拓し、上村古墳群中の前方後円墳に埋葬されたのではないだろうか。瀬戸田古墳群のそれは下位田の檜前(ヒノクマ)あたりに定住していた漢氏或いは同族の佐太氏の埋葬地の可能性もあるだろう。
 脇道になるが位田に寄り添うように西流する由良川の流路につき、古代においては現状より大分、南側(四ツ尾山北側)ではなかったか。戦後の作目の植付け実態や等高線など地図からみて、川の流心は位田橋の南100~150㍍ほどのところにあったと推するのだが、どうだか。それは河口までわずかな高低差しかなくしばしば流路を変えた由良川の生育履歴を見るようだ。今のような流路になると、四ツ尾山の北側の岡及び井倉の集落一帯の稲作が盛んになる。峡谷を流れ出た由良川の吐き出し口である川糸辺りの堤防が切れ洪水がおこると流路は岡、井の倉集落に迫り、今度は位田集落の耕地が増加する。古代にはそのような流路のシーソーゲームが繰り返し起こったことだろう。今も昔も由良川治水の困難さが目に浮かぶようだ。川糸の堤防が切れ大洪水が発生すると綾部市庁舎の三階辺りまで浸かるともいわれる。今なお堤外地の竹林等障害物の除去に躍起となる河川管理者の熱意に敬意を表さねばならない。
 繰り返し言うと、由良川の流路が現状のように四ツ尾山から遠ざかり位田寄りになると、岡及び井倉の領分が増加する。その地域こそ和名類聚抄に記録された「文井郷」(一般的にはアヤイ郷と読む。)ではないだろうか。文井郷を文字解釈すると、文は「漢(アヤ)」、井(イ)は「村」の意で、漢氏と同族の文氏の村ではなかったか。水害など災害が重なり、不安定な耕作実態や同氏が得意とした文筆需要の減退などから漢部郷或いは志麻郷に吸収されたのであろうか。
 一方、由良川の流路が四つ尾山に近づくと位田の農業が勢いを得る。その時代の位田こそ延喜式内御手槻(ミテツキ)神社を氏神とする文井郷と考えることもできるだろう。ミテツキ神社のツキは韓語の「村」の意で社はミテ村の氏神であったのだろう。しかしながら位田が栄えると何鹿郡の郡衙などが所在する漢部郷の脅威(洪水)となる。川糸方面の築堤、流路の付け替えるなどによって位田の領分は著しく減少し、郷の地勢は衰え、繁栄は長くは続かなかったと考えられる。そのような状況のもと、位田は栗村の分村として存在したものか。
 文井郷は岡、井倉集落とその周辺であったと私は思う。今、両集落を歩くと、私たちが忘れつつある美しい農家集落や井路の水音が遠い昔と重なって懐かしい。


 さて、クリムラと佐太氏、漢氏など渡来人との関係如何。クリムラは栗村井関から取水し、井路を通じ位田から私市の田畑を潤す。しかしその起源すら明らかではない。市内のため池にも赤谷池(上村、以久田野に同名のため池在)のような池がいくつかある。井関やため池の井路などにも古代に築かれ、いまなお現役で使用されているものもあるだろう。
 クリムラの版図は一部集落を除き大体、栗村井関の灌漑区域と一致する。立村の起源は、井関の築堤と相互に関係があるとみなければなるまい。
 そこでまず、井関であるが河道の変化によって当然、井関の位置は変化する。クリムラ井関につき築造当初は現在位置より下流にあり当然、井路の始点も現在位置より下流にあったと考えられるが、上川等の井路や溝川(排水路)の位置は開拓当時とあまり変わっていないように思う。
 クリムラ一帯及びその周辺に秦氏、漢氏、高麗氏など渡来人が住みなしたと思われる。しかし、クリムラの語源について「栗がよく採れる」のでクリムラではあまり意味がなさそうである。
 クリムラは、「高麗村」の朝鮮語golyeomura(クリャームラ)が転じてクリムラと通称されるようになったのではないだろうか。高麗氏がクリムラ井関やため池を築造し、井路を巡らせ、排水路を整備し、農業基盤の整備が完成すると、高麗氏の功績を「クリムラ」に刻んだものか。高麗氏の居住地はあきらかではないが、佐太氏に相前後して渡来し、土地改良を主導し、受益地の村々から推挙され、いわば連合体のアガタヌシとなり瀬戸田古墳群或いは以久田野古墳群中のいずれかの前方後円墳に祀られたのではないだろうか。クリムラ井関の喉仏、瀬戸田の前方後円墳こそ高麗氏の墳墓と思いたいのだが或いはクリムラの中心である栗町栗辺りに住まいしたとも考えられその場合、以久田野の大谷辺りに墳墓が築かれた可能性もあるだろう。-令和2年11月-