九州絶佳選
福岡 佐賀
基肄(きい)城−佐賀県基山町等−
基肄城水門

  福岡と佐賀の県境に基山(標高404.5b)という山がある。基山の頂上まで、JR鹿児島線の基山駅から徒歩40分ほどである。
 この山を福岡の人はキヤマと呼び、佐賀の人はキザンと呼ぶ。 山頂に基肄城跡(写真左)の土塁が残り、その上に天智天皇欽仰之碑(写真左下)が立っている。
  基肄城は、西暦663年、白村江の戦いで唐・新羅の連合軍に敗退し、朝鮮半島から撤退した翌々年に、百済の亡命技術者の協力を得て大宰府の防衛のために築かれた朝鮮式山城である。大宰府の背後に聳える四王寺山に築かれた大野城とともに日本最古の山城である、と日本書紀は伝えている。
 城は、基山の山腹に延長4キロ余の土塁、石塁を巡らせたもので、水門、門址、烽火台、建物礎石などが残っている。城の南麓(基山町丸林)に設けられた水門(写真上)は、高さ8.5メートル、長さ26メートルもあり、石垣の下部に高さ1.4メートル、幅1メートル、奥行きは9.5メートルの排水口がある。大人が屈んで楽に入れるほどの大きさである。この水門を潜って城内に入った者は、筑紫城衛禁律(大宝律令)によって1年の徒刑に処せられることになっていた。保存状態も大変良い。水門に向かって右手に門址がある。


 728年(神亀5年)初夏、大宰府に赴任して間もないころ、大伴旅人は妻大伴郎女を亡くし、都から弔問に訪れた勅使石上堅魚を迎え、基肄城で饗応している。老境にあって妻郎女を喪った旅人の悲しみは極点に達していたであろう。基肄城で堅魚が歌を贈り、旅人がこれにかえしている。山上憶良も日本挽歌を送っている。
   霍公鳥来鳴き響もす卯の花の共にや来しと問わましものを  
                       <万葉集 石上堅魚>
   橘の花散る里の霍公鳥片恋しつつ鳴く日しそ多き
                       <万葉集 大伴旅人>
 その後、ときを経て筑紫守葛連大成が基肄城を素材にしたうたを詠んでいる。
 今よりは城の山道不樂さぶしけむわが通わんと思いしものを
                  <万葉集 筑紫守葛連大成>
 基山の頂上は、三前三後が見渡せる絶好の観望地。北に博多湾、南に鳥栖、久留米、東に宝満山、耳納連山が、西に九千部、背振の山々が連なっている。尾根筋が九州自然歩道になっていて、春秋の季節には基山から九千部を経て脊振に至るを尾根を縦走するトレッカーで賑わう。 基山の西斜面は草スキー場になっている。
  基山の東側に筑紫神社がある。筑紫神社は筑紫の国号になったといわれる神社である。筑紫の地名はもともとこの辺りをさしていた。日本書紀は、五十猛神が天降るとき、樹種をもってくだり、始めに筑紫から播殖して、大八洲国を青山にしたとしるしている。五十猛神は筑紫神社の祭神。大宰府の四王寺山の対面に聳える天拝山の中腹に荒穂神社という社があり、同社の祭神も五十猛神である。社は基山の宮の浦から当所へ移されたと伝えられる。基山の周辺に五十猛神を祭る神社が2社、植林の歴史を伝えている。草スキー場の傍に日本植林発祥之地の石碑が立っている。−平成17年7月-

筑紫神社

荒穂神社